*

基金制度の活用

公開日: : 一般社団法人運営

ede0beb56955386cb808516b4280df8b_s

一般社団法人が資金を集める際に利用できる「基金制度」について説明しましょう。

この基金制度についてよく理解して実践すれば、一般社団法人設立に際して活動原資の不足により設立を諦めたり、先延ばしにしたりといったことが少なくなるでしょう。

「基金」とは、一般社団法人に認められた資金調達の手段です。一般社団法人に拠出された金銭その他の財産であって、拠出者に対して法律及び当該一般社団法人と当該拠出者との間の合意の定めるところに従い返還義務を負うものをいいいます。なお、金銭以外の財産が拠出された場合は、拠出時の当該財産の価額に相当する金銭の返還義務を負います。そして、一般社団法人は、「基金」を引き受ける者の募集をすることができる旨を定款で定めることができます。

基金として集めた金銭等の使い途に関して法令上の制限はないため、一般社団法人の活動原資として自由に使うことができます。なぜこのような基金制度が認められているかというと、一般社団法人は一般財団法人と異なり、設立時に財産のまとまった寄付がないからです。また、一般社団法人は剰余金の分配が禁止された非営利組織であることから、寄付したからと言って見返りがあるわけではありません。このため、寄付や借り入れ金以外にも、使途の制限が無い法人の活動原資となるような資金調達が必要とされるのです。なお、基金のような資金調達手段は、NPO法人には存在しません。基金制度は、一般社団法人の大きなメリットと言えます。

基金を引き受けることができる人物は、一般社団法人の社員はもちろんのこと、社員以外の人でも可能です。一般社団法人の社員たる地位と基金拠出者の地位は無関係だからです。逆に言えば、一般社団法人の社員だからといって、基金を拠出する義務はありません。

また、一般社団法人が法務局において登記をする際に、基金の額は登記事項とされていません。しかし、一般社団法人には貸借対照表等の公告義務があるので、その公告を通じて、貸借対照表に計上された基金の総額等が第三者に開示されます。なお、基金の総額及び代替基金は、貸借対照表の純資産の部に計上しなければならないとされています。そして、基金の返還に係る債務の額は、貸借対照表の負債の部に計上することができません。基金及び代替基金は、一般社団法人にとって資本類似の機能がありますが、同時に債務としての性質を持つため、貸借対象表上の取り扱いに疑義が生じないように法令で定めてあります。

関連記事

源泉徴収票

毎年1月31日提出期限の法定調書には、「給与支払報告書」の他に「給与所得の源泉徴収票」があり

記事を読む

一般社団法人と株式会社の違い

前回は、一般社団法人の機関について説明しました。それを読んで、株式会社と似ていると感じた方も多い

記事を読む

給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出

一般社団法人を運営していくにあたって、従業員を雇うケースもあるでしょう。その場合、給与支払事

記事を読む

消費税

法人が納めなければならない税金はいくつかありますが、そのうちのひとつが『消費税』です。2014年

記事を読む

公告方法の種類

前回のブログで、一般社団法人の公告方法について説明しました。公告方法の種類は下記の通りです。

記事を読む

損益計算書

一般社団法人は、事業年度ごとに、事業報告と決算書類を作成して、定時社員総会に提出する必要がありま

記事を読む

団体の財産の安全性

先日のブログで「一般社団法人が意外と身近な存在である」と言うことを説明しました。 それでも中に

記事を読む

一般社団法人の役員の報酬

一般社団法人は、剰余金や残余財産の分配を行うことができませんが、役員などが報酬を受け取ること

記事を読む

理事会について

前回のブログでは、一般社団法人の社員総会について説明しました。今回は理事会について説明しまし

記事を読む

給与支払報告書

一般社団法人が従業員を雇用した場合、働いてもらった分の給与を支払うことになります。そして、ど

記事を読む

  • 一般社団法人設立支援

    一般社団(課税型)法人設立
    非課税型一般社団法人設立
    社団法人設立で用意する書類
    一般社団設立のながれ
    どのくらいの費用がかかるのか
    お客様の声
    ビジネス成功クラブ
    プライバシーポリシー
    行政書士 新日本総合事務所概要
    社団法人お役立ち情報

     

    一般社団法人設立のよくあるご質問と回答

    お申込み

     

    0円

    セールス・ウェブサイト

    資金調達

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑