損益計算書

公開日: 

876fb6b60eea12ebbbcb7babc37a8207_s
一般社団法人は、事業年度ごとに、事業報告と決算書類を作成して、定時社員総会に提出する必要があります。先日のブログで、計算書類のうちの一つである「貸借対照表」について説明したので、今回は「損益計算書」について説明します。

「損益計算書(P/L)」は、売上はどれだけあったか? 費用はいくらかかったか? どのぐらいの儲けがあったか? といった法人の経営状況を表す計算書類です。
法人の売上などの「収益」から「費用」などを差し引いて、一定期間に法人がどのぐらいの利益を得たのかを示します。

法人が商品を打ったりサービスを提供するなどして相手からお金などを受け取ると収益となりますが、その一方では、社員の給料や事務用品、仕入れなど、さまざまな費用も発生しています。収益がそのまま利益となるのではなく、そこから費用を引いたものが本当の「利益」となるのです。もし、計算の結果がマイナスになれば「損失」となります。

損益計算書において、利益は5種類に分けられます。
具体的には「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」です。各段階の利益を分析することによって、法人経営の問題がどこにあるのかが把握しやすいのです。
5つの利益の意味と、それぞれの額を求める計算式を紹介します。

◎売上総利益◎
最も基本的な利益で、売上高から売上原価を差し引いた利益です。一般的に、「粗利益」とも呼ばれます。

計算式【 売上総利益 = 売上高 - 売上原価 】

○売上高:主たる営業活動(本業)として、商品・製品・サービスを販売した金額
○売上原価:仕入れや製造にかかる費用で、売上をあげるために直接かかった費用

◎営業利益◎
主たる営業活動で得た利益です。
具体的には、売上で得た利益から、売上をあげるためにかかった費用を引いた利益のことです。
この数値を見れば、本業でいくら儲けたのかがわかります。もし、この数値がマイナスならば、法人の存続は難しいことになります。

計算式【 営業利益 = 売上総利益 - 販売費および一般管理費 】

○販売費および一般管理費:売上原価のように、売上をあげるために直接的にかかった費用ではないが、給料や広告費、地代家賃など間接的にかかった費用のこといいます。

◎経常利益◎
主たる営業活動で得た利益と、それ以外に得た利益をプラスした利益のことです。
「経常」とは、「日常」や「平常」という意味ですから、いわば日常的に発生する利益のことです。

計算式【 経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 - 営業外費用 】

○営業外収益:受取利息や受取配当金、有価証券売却益など、主たる業務以外で得た利益
○営業外費用:支払利息や有価証券売却損など、主たる業務以外で失った費用

◎税引前当期純利益◎
税金を支払う前の、当期のトータルの利益

計算式【 税引前当期純利益 = 経常利益 + 特別利益 - 特別損失 】

○特別利益:固定資産売却益など、その期だけ特別に発生した利益
○特別損失:固定資産売却損や災害などによる損失など、その期だけ特別に発生した損失

◎当期純利益◎
法人に最終的に残った利益のことです。

計算式【 当期純利益 = 税引前当期純利益 - 法人税等 】

○法人税等:まずは法人の利益を基準とし、法人の所得を出します。この法人の所得に対して、国の税金である法人税と、地方の税金である住民税・事業税がかかります。3つの税金の合計は、法人の所得にたいして約40%となっています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 一般社団法人設立支援

    一般社団法人入門

    公益社団法人

    一般社団(課税型)法人設立
    非課税型一般社団法人設立
    社団法人設立で用意する書類
    一般社団設立のながれ
    どのくらいの費用がかかるのか
    お客様の声
    ビジネス成功クラブ
    プライバシーポリシー
    行政書士 新日本総合事務所概要
    社団法人お役立ち情報

     

    一般社団法人設立のよくあるご質問と回答

    お申込み

     

    0円

    セールス・ウェブサイト

    資金調達

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑