一般社団法人と一般財団法人

公開日: 

a149a63382174802f1964b955a2f9b17_s

一般社団法人と似た名前の「一般財団法人」という法人があります。一般財団法人は、一般社団法人と同じく平成20年12月からはじまった「新公益法人制度」により、設立できるようになった法人形態です。以前の財団法人とは異なり、団体の公益性や目的は問われず、一定の財産があれば誰でも設立することができます。一般財団法人は財産に法人格を与えるもので、設立しようとする者が300万円以上の財産を拠出し、財産の管理者が財産を運用し、運用によって生じる利益をもって事業を行います。

一般社団法人と一般財団法人の違いについて詳しく見ていきましょう。

一つ目の違いは、設立者の人数と役割です。一般財団法人の設立者は1名以上で、この設立者は300万円以上の財産の拠出と定款原案の作成という役割を担っています。これに比べて、一般社団法人の設立者は2名以上で、この設立者は定款原案を作成する役割を担い、一般社団法人の設立時の社員になります。

二つ目は、最高意思決定機関です。一般財団法人の場合は、評議員3名以上で構成される「評議委員会」が最高意思決定機関になります。一方、一般社団法人の場合は、社員1名以上(設立時は2名以上必要)で構成される社員総会が最高意思決定機関となります。

三つ目は、役員に関する事項です。一般財団法人では、理事3名以上・監事1名以上の役員が必要で、理事会を設置しなければなりません。一方、一般社団法人の場合は、理事1名以上の役員がいるだけでよく、理事会の設置も任意となります。(理事会を置く場合は、理事3名以上・監事1名以上の役員が必要となります。)

四つ目は、出資金(財産)の拠出です。一般社団法人では、設立時の出資金は必要ありませんが、一般社団法人では300万円以上の財産を拠出する必要があります。一般社団法人は、一定の目的のための社員の「活動」自体に重点を置くので設立時に有する資金・財産がなくても設立が可能ですが、一般財団法人は、拠出された財産を一定の目的のために「利用」することに重点を置くからです。

一般社団法人にも「基金」という制度がありますが、これは、一般財団法人の設立要件となっている「財産の拠出」とは性質が異なります。一般社団法人の基金については、法人の任意、つまり基金制度を設けるか否かは自分たちで決められますが、一般財団法人の場合は、設立するのに、必ず、「300万円以上の財産の拠出」を行わなければならないからです。

設立するための要件を比較すると、一般社団法人よりも一般財団法人の方が難易度が高めです。しかし、以前の財団法人は、役所の裁量によって設立できなかったり、役人とのパイプ、コネがなければ事実上設立できない事例も多数あったため、法律に書いてある要件さえ満たせば、誰でも、いつでも設立することができるようになった今の制度は、敷居が低くなったと言えるでしょう。

なお、一般財団法人も一般社団法人と同様、設立要件として「公益性の有無」は求めれらていません。しかし、一般社団法人に公益性をプラスして国から認定を受けると公益社団法人になるように、一般財団法人も公益性をプラスして認定を受ければ、「公益財団法人」となることができます。

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 一般社団法人設立支援

    一般社団法人入門

    公益社団法人

    一般社団(課税型)法人設立
    非課税型一般社団法人設立
    社団法人設立で用意する書類
    一般社団設立のながれ
    どのくらいの費用がかかるのか
    お客様の声
    ビジネス成功クラブ
    プライバシーポリシー
    行政書士 新日本総合事務所概要
    社団法人お役立ち情報

     

    一般社団法人設立のよくあるご質問と回答

    お申込み

     

    0円

    セールス・ウェブサイト

    資金調達

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑