*

一般社団法人、または一般財団法人が行うことのできる事業内容に制限はありますか?

一般社団法人の設立回答 一般社団法人が行うことができる事業に、特に制限はありません。
そのため、不特定多数の人間に利益の出るような事業はもちろん、町内会や同窓会、サークルなどのように、特定の構成員に共通する利益を図ることを目的とする事業を行うこともできます。あるいは、収益事業を行うことも何ら妨げられません。
一般社団法人と一般財団法人が収益事業を行い、その利益を法人の活動経費等に充てることは何ら差し支えありません。
ただし、株式会社のように営利目的の法人ではないので、たとえ定款に書いてあったとしても、社員や設立者に剰余金や残余財産の分配をすることはできません。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
一般社団法人設立書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!
  • 一般社団法人設立支援

    一般社団(課税型)法人設立
    非課税型一般社団法人設立
    社団法人設立で用意する書類
    一般社団設立のながれ
    どのくらいの費用がかかるのか
    お客様の声
    ビジネス成功クラブ
    プライバシーポリシー
    行政書士 新日本総合事務所概要
    社団法人お役立ち情報

     

    一般社団法人設立のよくあるご質問と回答

    お申込み

     

    0円

    セールス・ウェブサイト

    資金調達

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑