一般社団法人でも、その規模や内容によって法人内部の機関や役職に違いがあるとききました。どんな違いがあるのか教えて下さい。

一般社団法人の設立回答 一般社団法人には、裁定機関として『社員総会』と『理事』1名が必要です。
それ以外には、定款の定めに従って『理事会』『監事』または『会計監査人』を置くことができます。このうち、『理事会を設置する場合』と『会計監査人を設置する場合』は、『監事』を置かなければなりません。
一般社団法人の機関設計は、以下の5通りです。
1.社員総会+理事
2.社員総会+理事+監事
3.社員総会+理事+監事+会計監査人
4.社員総会+理事+理事会+監事
5.社員総会+理事+理事会+監事+会計監査人
また、大規模一般社団法人(貸借対照表の負債の合計額が200億円以上の一般社団法人)は、会計監査人をおく必要があります。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
一般社団法人設立書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!
  • 一般社団法人設立支援

    一般社団法人入門

    公益社団法人

    一般社団(課税型)法人設立
    非課税型一般社団法人設立
    社団法人設立で用意する書類
    一般社団設立のながれ
    どのくらいの費用がかかるのか
    お客様の声
    ビジネス成功クラブ
    プライバシーポリシー
    行政書士 新日本総合事務所概要
    社団法人お役立ち情報

     

    一般社団法人設立のよくあるご質問と回答

    お申込み

     

    0円

    セールス・ウェブサイト

    資金調達

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑