*

一般社団法人の名称は、どうやって決めたらよいですか?何かルールはあるのですか?

一般社団法人の設立回答 一般社団法人の名称には、『一般社団法人』という言葉を入れ込む必要があります。ただし、どこに入れるかの決まりはないので、『一般社団法人○○』でも、『○○一般社団法人』でも構いません。しかし、『一般社団○○法人』というような名称は認められません。
また、一般社団法人以外のものと混同される恐れのある名称、たとえば一般財団法人と間違われる可能性のある、『財団』などという文字を使うことはできません。
これは逆でも同じことで、一般社団法人ではないのにそう思わせるような名称を名乗ったり、不正目的で一般社団法人の名前を騙ったりすることは法律で禁じられています。
あとは、基本的に人の名前と同じようにユニークであることが重要ですので、かつての会社設立に類似商号という概念がありましたが、他と紛らわしい名称は避けた方が無難です。例えば、法人設立後の集客容易性を目的として、社会的に著名な他法人と類似した名称にするというのは、トラブルを誘発するばかりか、不正競争防止法違反に問われる可能性もありますので、あくまでオリジナルの名前にすることが大切です。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
一般社団法人設立書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!
  • 一般社団法人設立支援

    一般社団(課税型)法人設立
    非課税型一般社団法人設立
    社団法人設立で用意する書類
    一般社団設立のながれ
    どのくらいの費用がかかるのか
    お客様の声
    ビジネス成功クラブ
    プライバシーポリシー
    行政書士 新日本総合事務所概要
    社団法人お役立ち情報

     

    一般社団法人設立のよくあるご質問と回答

    お申込み

     

    0円

    セールス・ウェブサイト

    資金調達

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑