*

一般社団法人の基金の制度について教えて下さい。

一般社団法人の設立回答 『基金』とは、一般社団法人やその前身である設立時社員に拠出された、金銭その他の財産のことです。
例えば、設立者の知り合いがその理念に賛同し、『活動の足しにしなさい』とお金を出してくれたり、『この土地を使いなさい』と不動産を与えてくれたりすれば、それは基金となります。なお、この基金は拠出者と拠出を受けた一般財団法人の間で、法律と双方の合意によって返還義務が定められています。
この基金は、『基金を拠出したから社員になれる』『基金を拠出して貰ったから社員にしなくてはならない』というものではありません。よって社員でも、それ以外の人でも拠出できますし、社員だからと言って出さなくてはならないというわけではありません。
この基金制度は、余剰金の分配をすることなく一般社団法人が活動資金を得るための制度です。
基金制度を採用するかどうかは各一般社団法人の定款に委ねられており、法的な義務はありません。また、基金の使用方法に制限はなく、活動資金として自由に使うことが可能です。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
一般社団法人設立書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!
  • 一般社団法人設立支援

    一般社団(課税型)法人設立
    非課税型一般社団法人設立
    社団法人設立で用意する書類
    一般社団設立のながれ
    どのくらいの費用がかかるのか
    お客様の声
    ビジネス成功クラブ
    プライバシーポリシー
    行政書士 新日本総合事務所概要
    社団法人お役立ち情報

     

    一般社団法人設立のよくあるご質問と回答

    お申込み

     

    0円

    セールス・ウェブサイト

    資金調達

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑