*

一般社団法人を設立するのは、最低何人から可能ですか?

一般社団法人の設立回答 一般社団法人を設立するには、二人以上の人間が必要です。このメンバーには特に条件がなく、例えばご夫婦ふたりで一般社団法人を作ることも可能です。
創設時には二人必要ですが、社団法人設立後に社員が一人になった場合でも、その社団法人がなくなることはありません。しかし社員が0人になった時には、社団法人は解散しなくてはなりません。
解散事由については、こちらを参照してください

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
一般社団法人設立書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!
  • 一般社団法人設立支援

    一般社団(課税型)法人設立
    非課税型一般社団法人設立
    社団法人設立で用意する書類
    一般社団設立のながれ
    どのくらいの費用がかかるのか
    お客様の声
    ビジネス成功クラブ
    プライバシーポリシー
    行政書士 新日本総合事務所概要
    社団法人お役立ち情報

     

    一般社団法人設立のよくあるご質問と回答

    お申込み

     

    0円

    セールス・ウェブサイト

    資金調達

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑