住所の表記が長く、正確に記入するのが面倒です。略称でも良いですか?

一般社団法人の設立回答 
法的手続きでは、申請に使用する名前や住所は法的に正確なものである必要があります。
法的に正確というのは、『印鑑証明書や住民票などの、公的な登記と同一である』という意味です。
例えば住所の場合、よく『日本橋○丁目○番地○』を、『日本橋○-○-○』と略して書くことがあると思います。しかし、法的手続きにおいては、略称は正確な住所として認められません。
このような表記をすると、申請が受け付けられず、不受理になったり不可になったりする可能性があります。スムーズな申請のためにも、住所は正確に記入して下さるようお願い致します。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
一般社団法人設立書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!
  • 一般社団法人設立支援

    一般社団法人入門

    公益社団法人

    一般社団(課税型)法人設立
    非課税型一般社団法人設立
    社団法人設立で用意する書類
    一般社団設立のながれ
    どのくらいの費用がかかるのか
    お客様の声
    ビジネス成功クラブ
    プライバシーポリシー
    行政書士 新日本総合事務所概要
    社団法人お役立ち情報

     

    一般社団法人設立のよくあるご質問と回答

    お申込み

     

    0円

    セールス・ウェブサイト

    資金調達

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑